媚薬は科学的根拠はあるのか

現在ではさまざまな商品が媚薬と称して販売されるようになっていますが、こうした商品に対して科学的根拠を求めるのはかなり難しいと言えます。
媚薬を追い求める人間は決して珍しいものではなく古くは数千年も昔の時代から追い求められていたとされていますが、その中でもまだ科学的に明らかに媚薬としての効果があると判断出来るようなものは存在していません。
一応「効果があるのではないか」と言われるものには総じてフェニルエチルアミンと呼ばれる脳内物質に作用する成分が含まれており、このフェニルエチルアミンは一種の向精神薬のような効果が期待出来るとされています。
具体的にはチョコレートや赤ワインなどの発酵食品にこのフェニルエチルアミンが多く含まれているため、これらの食品を意図的に摂取させれば媚薬的な効果が期待できる可能性はあるでしょう。
特にチョコレートは古くから媚薬としての効果があると信じられてきた食品であるため、こうした関連性は無視出来ません。
実際このフェニルエチルアミンとチョコレートの関係性を指摘して「だからチョコレートは媚薬として効果がある」と論じられるところもあるのですが、しかし同時に確認しなくてはならないのが「フェニルエチルアミンは体内に入っても速やかに代謝される」というところです。
脳内に大量にフェニルエチルアミンが蓄積されればそれこそフィクションの世界で使われる媚薬と似たような効果を期待することが出来るでしょうが、体内に入ってもかなり早い段階で代謝されてしまうことを考えるとそこまで大量のフェニルエチルアミンを脳内に蓄積させるのは難しいでしょう。
もちろんプラシーボ効果、いわゆる思い込みによる作用を期待することは可能です。
しかし思い込みによる効果は薬のような強烈な作用を示すこともあまりありませんから、科学的根拠のある媚薬というのは非常に難しいと言えるでしょう。