媚薬の一種としてカマグラ発泡錠を試す

男性の勃起不全を治療する薬として、世界で初めてアメリカで製品化されたのがバイアグラです。その類似品やジェネリック医薬品は、現在では多くの種類が発売されています。カマグラ発泡錠もその一種で、インドの製薬会社が製造しています。有効成分は先発薬と全く同じですから、効果も同一と考えられます。
カマグラ発泡錠は他のED治療薬と違って、水に溶かして服用するところが特徴的です。錠剤の形になっていますが、使用するときは砕いてコップの水に溶かします。溶液はオレンジ色になり、オレンジフレーバーがついていて飲みやすいとされていますが、美味しい飲み物とは言えません。錠剤に比べると最初から水に溶けている分、吸収が早いというメリットがあります。類似品にはゼリー状になった薬もあり、効き目の早さは同じぐらいと言われています。ただし飲む時の手間が少し面倒で、手軽さから言えば錠剤のほうが便利とも考えられます。用途に応じて使い分けるのも良いでしょう。
勃起を持続させるという意味では、カマグラ発泡錠は効果の高い媚薬の一種と言えます。しかし性欲を増進させるために使うのは、あまり効果的ではありません。もともと男性の体内には勃起を促す酵素と、勃起を中断させる酵素があり、両者のバランスで勃起持続時間が決まります。カマグラ発泡錠の有効成分には、後者の働きを阻害する作用があって、勃起を長持ちさせます。けれども性欲をかきたて、勃起を促すには、視覚や触覚面の刺激をはじめ、また別の要素が必要になります。性欲は十分にあり、長時間の性行為を望んでいるが、勃起しなかったり途中で萎えてしまったりする方は、カマグラ発泡錠を試す価値があると言えるでしょう。